トップに戻る

 

第20回 六甲縦走キャノンボールラン

2019/04/02

1553582924196
六甲縦走路を一日で走り切るキャノンボールラン(SPEEDの部56㌔)に初参加してきました。
ルールには ・死なない ・酒に飲まれない ・あまり文句を言わない ・ケガ事故は自己責任
と書いてあり、大会の凄さを物語っております。
実際給水エイドにはお酒が多く置かれておりますW
エンジン以外何でもありの大会なので色々想像を膨らましておりましたが、今回は自転車が数台
くらいで、他は全てランの人達でした。
自転車は実際走行できるのは15キロくらいで、後はずっと担ぐというエキスパートの人達しか
成しえない荒業です。ロープを掴んで登るポイントなど、どうやってクリアするのかが不思議です。

1553582926706

朝8時宝塚塩尾寺下の広場をスタートし、須磨浦公園がゴール。
制限時間は11時間。ある程度の覚悟をしてスタートしましたがこれほどの過酷な大会とは思いませんでした。
小雪が降る六甲山中を背負ったリュックの重みとアップダウンで徐々に体力を奪われていく。
リュックには2㍑のハイドロレーションでの水分と補給食や何やらで走ると肩にきます。
足は後半ガクガク、平地のランとはやはり全然違います。
最後の方は精神力だけで何も考えずゾンビ走行でゴールに向かっていました。
日も暮れて回りの参加者もちらほら程度になり懐中電灯で前を照らしながら進みます。
リタイヤだけはしたくないという思いで無事須磨浦公園にたどり着きましたが時間は11時間40分でゴールはすでに撤収。
寂しいゴールを迎えました。
今回の獲得標高2300メートル、消費カロリー4600㌔カロリー、完走するだけでも本当に大変でした。
1553582939824

 

 

 

TREK ヴァーヴプラス

2019/03/02

1551155932700

電動モーターでアシストし快適な走りを実現するTREKのe-bike
その中で日本に45台しか入荷してないヴァーヴプラス、ローステップで30キロ程度走ってみました。
高品質で信頼性の高いBoschのバッテリーを使用し、一回の充電で100キロ走行が可能です。
車両重量は20キロ以上あるのでロードバイクと比べるとかなり重いのですが、初速はパワーがあり
サポートの恩恵を実感できます。
しかしロード気分で平地を走ると速度が25キロ以上はアシストしてくれず、結果重い自転車でトレーニング
をしている感覚になりました。
上り坂が多い場所では効果が十分に発揮できると思うのですが、勾配の緩い坂や平地ではTREK MADON9の
比ではありませんでした。
使用用途が違うと言えばそれまでなのですが。
ゆったりと日用生活で使う分には重宝しそうです。

 

 

 

春の兆し

2019/02/26

1551155935062

急に気温が上がり暖かくなってきました。
それと同時に花粉症の人は辛い時期になってきます。
寒い時期はスピード練習よりLSD。
長い距離をゆっくり最後まで同じペースで走る練習。
これを心がけておりましたが、夜のランニングも快適にできる様になってきました。
GARMINでラップペースを見ながらタイムを調整。
最近の機器ではVO2MAX(最大酸素摂取量)まで図れて何かと便利です。
3月のキャノンボールに向けてまだまだ運動が必要です。

 

 

 

いなちくロングライド

2018/11/12

1542015986068[713]
兵庫県佐用郡にある因幡街道・千種川を100キロ走る、いなちくロングライドに参加してきました。
11月にもかかわらず日中の平均気温が20度超えと最近は暖かい日が続いてたのですが、
当日佐用町役場に着いた時は気温6度。寒暖の差に服装が困りました。
1541996630184[714]

途中エイドステーションが豊富で補給食等が沢山用意されており今まで体験した大会では一番
グルメが堪能できた気がします。
ただ残念な事に補給しすぎると走れなくなるので、少量に抑えましたが。
スタートからほぼ山間部や川沿いを走る事になるのですが、千種高原を登って千種高原スキー場に
向かう道は勾配もキツく、思ったより体力を消耗しました。
今回もショップメンバーと共に先頭交代を繰り返しながら、無事制限時間までにゴールする事ができました。

 

 

 

淡路島ロングライド

2018/09/25

1537856720050

地元では「あわいち」と呼ばれている淡路島一周150キロを走る。
毎年全国各地より自転車愛好家が集まり参加するロングライドイベント。
今年も取引業者の方に誘われ参加致しました。
今年は非常に天候に恵まれ、気温も低めの好条件で走れました。
今回は私を含め7名でのスタート。
岩屋から時計回りに一周していくのですが、序盤は団子状態で渋滞ができ、
なかなかうまく走れません。
洲本まではアップみたいな感じで、35キロを過ぎた辺りより水仙郷の峠に入ります。
淡路島海岸線はほぼ平地というイメージがありますが、南の山岳地帯はかなりの峠が続きます。
途中エイドステーションも4か所程度あり、淡路のグルメも堪能できます。
ただ栄養補給しすぎると走れなくなるので注意が必要ですが。
制限時間も設けられており、各関門を制限時間内にクリアしないと、バスで回収されてしまいます。
今回参加のメンバーは、皆さん仕事で忙しいせいか、あまり自転車に乗る時間が取れなかった様です。
結局ゴールできたのは3名でしたが、参加するだけでも楽しいイベントです。

 

 

 

今年は猛暑です

2018/07/22

ここ数年は毎年30年、50年に一度と言う災害のニュースがありますが、
先日の水害が終わった途端、今度は猛暑がやってきました。
連日35度を超える気温が続き外の仕事の方はさぞ大変かと思います。
部活動、スポーツなんかはこの暑さの中ではかなり危険な気がします。
本日はいつもお世話になってるジーンバイクスさんのショップライドに参加して来ました。
IMG_20180722_123427
一人で走るより、人と走った方が色々刺激を受けて走り甲斐があります。
ほどよい坂道を織り交ぜ、30~40キロ程度のライドです。
自転車は風の抵抗があるので集団で走るとかなり楽です。
1532254545167
途中コンビニ休憩もしながらのんびり走行。
フランスではツールドフランスも始まってますが、あんな風にカッコ良く走りたいです。

 

 

 

電動アシストで全力岩谷峠

2018/06/20

神戸市北区の岩谷峠にYAMAHAのPASminaで登って来ました。
26型、重量24キロの電動自転車です。変速機は3段、アシストも3段階に分かれてます。
1529283148662

1529283151695
昼間は晴れてると山の緑が気持ち良く感じるのですが、夜間は当然の事ながら真っ暗です。
途中から街灯すらありません。
ロードでのタイムが17分台でしたので電動アシストはそれを上回るかの挑戦でした。
下でアップをし、車も全く通らなくなったのを見計らってアタック。
サドルが低いせいか、多少ペダルに力がかかりにくく、後半はフルダンシング。
最後まで力を抜く事なく全力で登りきりました。
ロードとは重量の違いがかなりあるにもかかわらず4分近くも自己記録を更新してしまいました。
ですが自転車乗りはみんな使用しているガーミンのストラバの記録では736人中63位という結果でした。
登っている時はアシストのパワーでグイグイペダルが踏み込めてる感があったのですが、
正直この辺りのタイムで普通に登って来れる人達がいるかと思うとゾッとしました。
1529286531066

 

 

 

富士ヒルクライム

2018/06/12

coursemap2018
日本最大級のヒルクライムレース。富士山の5合目を目指して富士スバルラインを
自転車で駆け上がる「富士ヒル」に参加して来ました。
富士の麓、河口湖周辺のコテージに泊まり、レース当日は早朝3時半ぐらいに出発し
会場の駐車場で準備を始めました。
弊社のレンタカーも3台出動し、一緒に参加されたお客様のお役に立つ事が出来ました。
1528605834095

一万人規模の大会だけあって人の多さに圧倒されました。
北京五輪スピードスケート女子、パシュート金メダリストの菊池さんや、
芸人のアントキの猪木さんが応援する中、朝7時に主催者選抜クラスよりスタート。
濃い濃霧と小雨が混じる中、どこまで私の貧脚が通用するか、ゴールする事が出来るのか
不安しか無かったです。
1528606803582
スタートして5キロ付近でハイペースがたたり、バテてしまい、その後8キロ付近でペースが復活しましたが、
すでに先に行ってしまったメンバーの姿はスピードを上げても見えなくなってました。
20キロ付近の勾配が急な地点では、1キロの区間のみ計測の最速タイムを目指す山岳スプリット賞が
設けられていたが、既にそんな体力は尽きて、区間フラッグを横目に、ただただペダルを回してました。
1528606827726
フィニッシュ後は、次第に小雨からザーッとした強めの雨に変わり始め、汗と雨で濡れたウェアーで
体の体温が奪われていきました。
5合目の気温は7度程度でしたが、雨で体感温度はかなり低く感じました。
ちなみに前日の麓の気温は29度です。
深い霧に隠れてしまった山頂を拝む事なく下山しましたが、下りも雨でブレーキングが辛く、
足のつま先は寒さで感覚が無く、スタート地点に戻るまで気が抜けなかったです。
日程も天候もハードでしたが、今回のレースで自転車の経験値は確実に上がった気がします。

 

 

 

梅雨入り直前

2018/06/05

6月に入り近畿地方も嫌な梅雨が近づいて来ました。
レンタカー業界もこの時期には毎年苦戦が強いられます。

本日は神戸市北区の谷上方面にある岩谷峠に自転車で行って来ました。
カラッとした天気と気温でとても清々しいライドになりました。
1528157576337
六甲山や岩谷峠は、土日はポツポツと走ってる方もいるのですが、本日は月曜という事もあり、
誰にも出会う事無く峠まで到着しました。
1528157581886
平均勾配6~7%ぐらいの峠で交通量も少なく練習にはもってこいの感じがします。
西区からですと到着するまでに多少疲れてしまうのが難点ですが。
1528157578930
峠は最初の方が勾配がきつく、山頂に近づくにつれて傾斜が緩やかになっている気がします。
シッティングとダンシングを織り交ぜながら、クランクを一定の負荷で回し、できるだけ
疲労しない様に登ったのですが、疲れてくると、呼吸、姿勢が乱れ思う様に走れません。
サイコンにデータが色々出るので、もっと心拍数を意識しながら速く登れる様になりたいです。
1528157585493

 

 

 

伊吹山ヒルクライム2018

2018/04/18

1523771080112

岐阜県関ケ原にある伊吹山のドライブウェイをひたすら自転車で登る。

西日本最大級のヒルクライムレース。

自動車専用の有料道路である伊吹山ドライブウェイを、
春の営業期間一週間前に走れるという大会です。

レンタカーご使用のお客様と共にレースに参加して来ました。

当日は悪天候の為、ギリギリまで開催が危ぶまれましたが、
雨天と強風により通常より距離が4キロ程度短くなっての開催となりました。

CA3C0413

雨の中スタート地点まで移動と待機で1時間程かかり、
すっかり雨と寒さで体も冷え切った中でのスタートとなりました。

スタートして、早い段階で心拍数がMAXになってしまい、
そこから全然心拍が落ちずに失速、
ペース配分なんて考える余裕もありませんでした。

平均勾配7%の坂道を登り続けるには明らかな準備不足でした。

重いギアが全然踏めず、ひたすら軽いギアを回して、
足に乳酸が溜まらない様にしてた気がします。

トップの方の平均速度が時速31キロというのにも驚きました。

しかし、完走した際の達成感があるからこそ、やめられないですね。