トップに戻る

 

富士ヒルクライム

2018.06.12

coursemap2018
日本最大級のヒルクライムレース。富士山の5合目を目指して富士スバルラインを
自転車で駆け上がる「富士ヒル」に参加して来ました。
富士の麓、河口湖周辺のコテージに泊まり、レース当日は早朝3時半ぐらいに出発し
会場の駐車場で準備を始めました。
弊社のレンタカーも3台出動し、一緒に参加されたお客様のお役に立つ事が出来ました。
1528605834095

一万人規模の大会だけあって人の多さに圧倒されました。
北京五輪スピードスケート女子、パシュート金メダリストの菊池さんや、
芸人のアントキの猪木さんが応援する中、朝7時に主催者選抜クラスよりスタート。
濃い濃霧と小雨が混じる中、どこまで私の貧脚が通用するか、ゴールする事が出来るのか
不安しか無かったです。
1528606803582
スタートして5キロ付近でハイペースがたたり、バテてしまい、その後8キロ付近でペースが復活しましたが、
すでに先に行ってしまったメンバーの姿はスピードを上げても見えなくなってました。
20キロ付近の勾配が急な地点では、1キロの区間のみ計測の最速タイムを目指す山岳スプリット賞が
設けられていたが、既にそんな体力は尽きて、区間フラッグを横目に、ただただペダルを回してました。
1528606827726
フィニッシュ後は、次第に小雨からザーッとした強めの雨に変わり始め、汗と雨で濡れたウェアーで
体の体温が奪われていきました。
5合目の気温は7度程度でしたが、雨で体感温度はかなり低く感じました。
ちなみに前日の麓の気温は29度です。
深い霧に隠れてしまった山頂を拝む事なく下山しましたが、下りも雨でブレーキングが辛く、
足のつま先は寒さで感覚が無く、スタート地点に戻るまで気が抜けなかったです。
日程も天候もハードでしたが、今回のレースで自転車の経験値は確実に上がった気がします。